So-net無料ブログ作成

若かりし頃の事件 [自分のこと]

これはわたくしが20歳のプチプチ…じゃなくてピチピチギャル(古)だった頃のお話です。

わたくしの部屋は窓際にベッドを置いており、よく眠れぬ夜には夜空を見上げてギリシャ神話に思いを馳せたり星を数えて涙を流したりしていました(嘘)。

ある夏の夜のことでした。

わたくしが夢の世界を流離っていると…ガタガタと網戸が音を立て始めました。
その無粋な音はわたくしを目覚めさせるに充分でした。

夢うつつの中で「ああ、きっとお母さんが窓を閉めに来てくれたんだ」と思っておりました。

夜中に雨が降ったりすると母が来て窓を閉めてくれたりしていたので。

つまりわたくしは無防備にも夏は窓を全開にして眠っていたのです。

うっすら目を開けると横に立っているはずの母の姿はありません。

ん?疑問に思ったわたくしはベッドの上で身体を起こしました。

すると!!!!

目の前に窓を乗り越えて入ってこようとする姿が!!!
その距離わずか数十センチ!

向こうも、まさか窓のすぐそばで人が眠っているとは思わなかったのでしょう。
お互いが数秒間見詰め合い固まっておりました。

わたくしが行動に起す前に相手が動きました!

恐怖に見開いた私の目の前で、その人はどすんと大きな音を立てて1階に飛び降りたのです。

そう、わたくしの部屋は2階の角にありました。

そして窓の下には父の車が…。

わたくしはその音で金縛りから解け、窓の外をのぞきこみました。
でも恐怖のあまりまだ声が出せません。

すると屋根に飛び降りた人物はどうやら侵入する前に靴を脱いでいたらしく、車から飛び降りると置いてあった靴を履きそして慌てて走り去ったのです。

未だ声が出ずあわあわ言っていると部屋に父が飛び込んできました。

わたくしはようやく声をしぼりだし「今、窓に人がいて車の上に飛び降りて逃げた」と告げました。

父はどすんという音で目を覚まし、驚いてわたくしの部屋にやってきたのでした。

犯人は逃げた後でしたが、窓を乗り越え侵入しようとしていたのは確実なのですぐに警察を呼びました。
なんせ真夜中の事ですし近所迷惑になると困るので、警察にはサイレンを鳴らさずに来てもらいました。

パトカーから降り立ったのは若い警官二人。

すぐにわたくしの部屋に入り窓を見たり逃走経路についてうちの家族に質問したり。

結局は明朝改めて窓枠の指紋を取りに鑑識がやってくることになりました。

そして警官はわたくしにいろいろ質問しました。
普段カーテンを開けて着替えしてないか、怪しい人物に心当たりはないか、犯人の顔を覚えているか…等々。
数十センチのところで犯人と顔を合わせたはずのわたくし。
コンタクトをはずしていたのと、逆光だったためにまったく犯人の顔は見えなかったのです。

そして答えるわたくしに対して警官は冷たい声で言い放ちました。

「そんな恰好で寝てるからちゃうか」

夏でしたのでわたくしはタンクトップと短パンで寝ておりましたの。
警官が来るまで着替える事は思いつかなかったのでそのまんま。
その頃のわたくしは純情だったので、さもわたくしが悪いかのように言われてもそのまま頬を染めて下を向いておりました…。
今なら怒り狂うか誘惑するか?してますね、たぶん。
しかもこの警官、あとでうちの母に「娘さんは彼氏はいるんですかね?」などと笑いながら聞いてたらしい。
もちろん犯人の目安として聞いたんだろうけど、母は「あんたに気があるんちゃう?」などと言っていたのでほんま胡散臭い奴でした。
だって後日また家にきた時に「飲み会やらないか」って誘ったんだよ?
マ・ジ・で!超信じらんな~い。←当時20才なので許して。。。
もちろん断りましたけど!今なら行きますけど!(笑)

次の日窓枠や雨どいの指紋を取りに鑑識がやってきました。
そして刑事さんも。
ファイルを見せられて、この中に犯人はいないか…と聞かれました。
でも顔をまったく見てないのでわかりませんでした。
そして今後は窓を閉めて寝る事や、身辺に気をつけるように…と忠告され…それで終わり。

このあと、「覗き常習者の顔ファイルにあんたの写真があった」と男友達を脅すことはもちろん忘れませんでした。
このへんは基本なんで押さえておかないとね。

父は自分の車の屋根がぼっこりと凹まされたため激怒しており、あ、もちろん娘のわたくしが狙われたかもしれない…という事実もありますが警戒を怠りませんでした。
バットを持ち夜間に家の周りを巡回してました。
2ヶ月で飽きましたが。

その後、わたくしの下着を盗んでいるところを見つかった男が犯人だとわかりました。

その男は…隣に住む中学生だったのです…。

侵入事件から数週間後でしょうか、わたくしの家の洗濯物を物色している所を隣の奥さんが見つけました。
そしてその中学生のポケットにはわたくしのおパンツ(洗ってる)が。
おそらくこの子が侵入しようとしたのではないか…となりました。
うちの親がこの子の家に行き、今後このような事があれば警察に突き出す…ということで今回は不問になりました。
中学生ですしね。。
うちに入ろうとした人物の指紋は警察にありますし、照合すればわかるからというと相手の親はそれだけは勘弁して欲しいと言ってたようです。
わたくしは行かなかったので詳しいやり取りはわかりませんが。

まぁすべてわたくしの美しさが悪いのです。
純な中学生を悪の道へと誘ってしまったわたくしの美貌が、そして滲み出るエロスが悪いのです。
ああ、美しいって罪よね…。
などと弟相手に一生懸命わたくしの素晴らしさを語ったのですが…。
弟は一言



 「この近所に若い女はお前一人やからやろ」




(°Д°)ハッ!



その通り!!!!!!(爆)

ってか、そんなんで標的になったわたくしの立場は…凹

ルナ84.jpg

それ、痴漢じゃなくてただの泥棒にゃ?←え?

【過去記事】
毎年のバレンタイン…今年はちょっとお得情報

【本映画過去記事】
漫画「僕になった私」男女入れ替わりの学園物語。どっかで読んだことあるような…
本「女王と海賊―暁の天使たち〈5〉」海賊と女王の再会…涙?いいえ、大ゲンカになりました。
映画「天国からのエール」阿部寛主演、沖縄での実話を基に映画化!



にほんブログ村 主婦日記ブログへ←ブログランキング参加中です。痴漢に全然遭わなくなるとそれはそれで寂しい気もする私に2ポチよろしくお願いいたします。

これは購入決定↓



nice!(42)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 42

コメント 8

ミケシマ

面白いお話ありがとうございました!
あ…面白いだなんて…
怖い体験ですよね。夜中に侵入者と対面するなんて。
美しいって罪ですね…
by ミケシマ (2015-02-11 15:31) 

youyou_s

>ミケシマさん そうなんですよ!美しさは時に罪になるわけですよ!どうして周囲はそれを認めてくれないのか…。誰ひとり認めようとしないのはなぜなのか?!……まぁ美人だから痴漢に遭うのかっちゅーとそうでもないわけで…。想像上は美人妻ということにしといてください!
by youyou_s (2015-02-11 17:04) 

Rinko

うわっ、それはちょっと怖い。。。でも、オチには笑ってしまいました。
犯人が特定できてよかったですよね~。

by Rinko (2015-02-12 08:29) 

youyou_s

>Rinkoさん 確かに犯人がわからないままだと余計怖いですよね。。泥棒ならまだしも強盗ってこともありますもんねぇ。しかし犯人も手ごろなとこで済まそうというあたり、まだまだ中学生やなぁ…と思わないでもないです(笑)
by youyou_s (2015-02-12 08:39) 

ニッキー

捜査に来たお巡りさんまでも虜にしてしまう魅力がきっと身近な弟さんには分からないんですねぇ^^;
でも、本当に犯人が特定できて安心出来ましたね(^-^)
by ニッキー (2015-02-12 13:33) 

youyou_s

>ニッキーさん ありがとうございます!そうなんですよね。弟には私の魅力はわからないんですよ!!他人にすらわからないのに身内にわかるわけないし!!…あれ??
まぁともかくほんと犯人がわかって良かったです。中学生ってわかった途端怖くなくなりましたからね。その子の将来は怖いですけど…。
by youyou_s (2015-02-12 17:30) 

mitsuya

はじめまして、MITSUYAといいます。
大変な経験をされたのですね(・・;)
しかし、それをお伝えする文才のスゴイこと……オチまでついて一気に最後まで読ませていただきましたm(_ _)m
ファンにならせていただきます。
by mitsuya (2015-02-12 23:20) 

youyou_s

>mitsuyaさん マジですかぁぁぁぁぁ!なんて嬉しい事を言って下さるのでしょうか!!ファン…(感涙)。大変な経験もこれで役に立ったというものです。もうこういう経験して良かったとすら言えます。ぜひぜひこれからも末永くよろしくお願いいたします。…嬉しい(涙)
by youyou_s (2015-02-13 08:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
if

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。